2013/01/23

料理 + メカニック = Food Jammers

温暖化はウソなんじゃないかと思うほど、この冬は寒い日が続きますね。ニュースで「タオルを回すと凍る」とか、「バナナで釘が打てる」とかいう話を聞くと、カナダで過ごした冬のことを思い出します。

雪が降ってテンションが上がるのは最初だけなの・・・

 大学を卒業したあと、私はカナダのモントリオールにある企業で3年ほど働いていたのですが、これが本当に寒いところで・・・。それまで関東平野を出たことがない人生。「群馬の寒さに耐えられればどこでも大丈夫!」とタカをくくっていたのですが、これが甘かった。甘すぎた・・・。私の記憶では、だいたいマイナス17度あたりが分岐点で、これ以下になると「寒い」ではなく「痛い」という感覚になりました。帽子をかぶらないと髪の毛が凍り、まつ毛もハナ毛も凍ります。口のまわりにマフラーを当てないと、息をするのも辛くなります・・・。決死の覚悟でスーパーに出かけても、帰り道で牛乳がシャーベット状に、、ということも起こりました。(寒すぎて雪も降らない。夏は35度まであがるけど。)

ベランダが冷凍庫代わりになります
自分で気に入って住みたいと決めた街だったとはいえ、この寒さが3ヶ月以上も続くと、、、日増しに故郷を想う時間が増え、、、(涙) 犬ぞりに乗るとか、氷で出来たホテルに泊まるとか、何かあの冬の楽しみ方はあったのかもしれませんが、私は器用に出来ず、ただただ会社と家の往復、シャーベット牛乳の日々を送りました。

そんなわけで身も心もフローズンなカナダ生活でしたが、私の支えとなってくれるものはありました。ダラダラと長い前置きになりましたが、今日はそれを紹介したいと思います。

カナダのフードチャンネルで放送していた「Food Jammers(フード・ジャマーズ)」というテレビ番組です。簡単に言うと、「食べること」と「ものづくり」が好きな男の子3人組の料理番組です。舞台はカナダのトロントです。1回の放送が20分くらいあって、毎回びっくりするような方法で料理をして楽しんでいます。



例えば・・・(リンク先には短い動画があります)

・キャンプで七面鳥のローストを食べたいけど、7kg近いものは運べないよね
  →料理した七面鳥を乾燥させて、現地で蒸して食べれば軽くて済むんじゃない?

・ピザ大好き!でも自分たちで普通じゃないピザも作ってみたい!
3Dのピザを作ろう・・・ 階段になってたり、大きなサイコロ型になってたり、、


 3Dピザのスライドショーだそうです

・食べたいときにタコスがすぐに手に入ればいいのにな

・仕事がつまってて抜け出せない!でもオフィスで料理してごはんが食べたい!

・冬は温かいお風呂につかりたい。それと、日本では「しゃぶしゃぶ」っていうのを冬に食べるらしい。


などなど、あります。

 本当に面白くて、クリエイティブで、出てくる料理もおいしそうで(しかも3人ともキュートだし♡)、この番組を見るのが本当に大好きでした。思考の数だけ世界はある、ってどこかで聞いたことがありますが、まさにこの番組を見るとそうだなぁ~と思います。こんな日常生活のエンジョイ方法があるんだな、と毎回驚きと感心でいっぱいでした。

 できるだけお金をかけずに、身近で手に入るものを使ってチャレンジしているので、この番組を見た小さい子が真似してやってみた、なんて話もどこかで見ました。

残念ながら私はシーズン2までしか見られていないのですが、シーズン3ではイカダの上でパイを焼いたり、太陽光だけで料理をしたりと、さらに楽しそうな感じになっているようです。(どこで見られるのー?DVDにしないのー?出すなら字幕つけさせてー笑)

現在は放映されていないようですが、どなたかがYouTubeにシーズン1の第1話と第2話をアップしていたのでリンクをはっておきます。(英語のみですが、本人たちがやろうとしてることは分かっていただけるかと)

1話では、キャンプで手作りアイスを食べたい!(20:27~のくだり、すごく真似してやってみたい!)
2話では、上記の七面鳥ローストのエピソードが入っています。

Food Jammersのオフィシャルページでは、すべてのエピソードの詳細と、設計図、写真、レシピなんかも公開されています。
料理とものづくりがお好きな方には、とにかく見てみてーと言いたいです。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...