2013/10/24

わが家に文鳥がやって来ました

本日1024日は「手にしあわせ(1024)」で文鳥の日だそうです。

そんなわけで、、今日はわが家の文鳥を紹介したいと思います・・・。

先代の文鳥がいなくなってからの数年間、寂しさを抱えつつTwitterBuncho.inで人様の家の文鳥を眺めさせていただいていたわけですが、そろそろかしら、、と心の準備ができたところで今月、突然のご縁に恵まれました。


これはうちに来て数日後のようす

桜文鳥のごまちゃんと白文鳥のふゆちゃんです。

高崎市の小鳥町という、鳥好きなら“住んでみたい名前の町ランキング1位”になりそうな場所のことり屋さんからやって来ました。(生まれは愛知みたいですが)

生後2週間で家にきたので、最初はあまりの小ささにビビり、、文鳥好きとはいえ、まだお世辞にもカワイイとは言えないくらいの生まれたて感がありました。が、あっ!という間に大きくなり、2週間経った今は飛ぶわ暴れるわで挿し餌タイムは大騒ぎ・・。写真も全然撮れない・・・。

もうかなりでかい!ごまちゃん(桜)は独り言が多いので、もしかしたら男の子かなぁ、、


この子たちは、わが家の文鳥さん3代目。
初代の白文鳥2羽、先代のシナモン文鳥1羽、、3羽とも個性が豊かな鳥で、みんな10年以上のお付き合いがありました。 新しく家にやって来た「ごまふゆ」とも、そっと触れ合いながら日々を重ねていけたらいいなと思っています。

手にしあわせダブル


いやぁ、、でも、分かってたけど、やっぱり文鳥は可愛い!早くも親バカ全開・・・。手の中でモフモフしだした今は、、「あぁ!このしあわせが手に!」を毎日かみしめているところ・・・。


No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...