2020/02/25

[nokonoko journal] Keep on



先日、地域の農産物やお土産、近所の店のお惣菜、さらにはなぜか南米産のフルーツなんかも豊富に取り揃った道の駅・食の駅的なお店に買い物に行った時のことです。

焼き立てパンの匂い(ここはパンも焼いてるんだ)につられてフラフラしていると、聞こえてきたのは、あら懐かしい「Choo Choo TRAIN」のイントロ。(世代的にZOOのほうです)お店の雑多な感じ、野菜とパンが並ぶ先でうどんをすする人たち、その雰囲気とこの曲が本当にぴったりで、わぁ、、浮かれてた時代のスキー場にタイムトリップしたみたい…!!と、しばし感動に震えました。

この曲のイントロを聞いただけで、当時この曲が使われていたCMのワンシーン(ゲレンデでたいまつを持った男女が踊る姿)が浮かんできたわけですが、その時ふっと「そもそもなんでChoo Choo TRAINなんだろう…」という疑問が浮かび、帰宅してすぐに歌詞をチェック。そして初めて気づいたのです。この曲の歌詞には、「雪」はおろか、冬の季語が一切使われていないことを…。

たしかサビで「♪なんとかかんとか スキー スキー」って英語で言ってなかったっけ、、と思ったのも「スキップ スキップ」の聞き間違いだったことが判明(でもやっぱり「スキー」に聞こえるんだけど…)。もうてっきり冬の歌だと信じ込んで生きてきた私は、この事実に大きな衝撃を受けました。イメージの刷り込みって恐ろしい…。思い込みとは恐ろしいものです…。

さて、まだまだ寒い季節です。手洗いうがいストレッチ。温かいものを飲んで食べて、楽しい気持ちになることを考えて、さっさとお布団に入りましょう。

漠然とした不安を抱く日々が早く終わりますように。
見えないところで頑張ってくれている人、ありがとう。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...