2013/12/19

Interview with Demoscener – Gloom (Excess, Dead Roman)



As I explore the demoscene, I discovered that there are some people who are like “wherever I go, there you are”*. Those are people who actively drive and support the scene, and some provide the platform for demosceners across the globe to shine (and the place for fandom to ohh and ahh over). And probably, without their help, this culture could instantly become past tense…

Gloom, the guest of this time is definitely one of these “demoscene-driver”. He has been in the scene since late 80s, and aside from being famous for his musical talent, he is contributing to various demoscene-related sites/events like… Scene.org, Displayhack, Solskogen (Norwegian demoparty), NVScene… ah what else… :)

In this interview, he revealed some secrets to have successful and happy creative time (and life) and explained why he could stay active in the scene for more than 20 years.. (and we can check his working space!)


Enjoy!

デモシーナー、Gloomさん(Excess, Dead Roman)にインタビュー


デモシーンのことをあれこれ調べていると、どこに行っても出くわす名前というのがあります。シーンで積極的に活動している人、シーンを支援している人、デモシーナーが活躍するための場所(そしてファンがキャーキャー言える場所)を提供している人、、、。「あら、また会いましたね!」と心の中で声をかけつつ、おそらくこの人達がいなかったら、デモシーンはあっという間に過去形になってしまうのだろうなぁと思ったりしています。お世話になっております・・・。

今回インタビューをお願いしたGloomさんも、間違いなくそういった方の1人。80年代後半からデモシーンに参加していて、ミュージシャンとしての活動のほかにも、シーンに関連したさまざまなサイト(Scene.orgとかDiplayhackとか)やイベント(SolskogenとかNVSceneとか)をオーガナイズしています。

インタビューでは、効率的でハッピーな創作時間(と人生、、)を送るための秘訣や、なぜ20年以上もデモシーンに関わることになったのかという理由も教えて頂きました。さらに、最近聞いているオススメ音楽や自宅のスタジオスペースも公開!(何かちょっとサンレコっぽい!かっこいい!笑)


そんなわけで、お待たせいたしました! ぜひお楽しみください、、。

2013/12/02

haunt me: Mon monde imaginaire est plus beau que vos nuits








“Majolica Majorca” is a makeup line from Shiseido. I believe this line is mainly for young girls who just discovered the world of makeup, but their visual stories are always inspirational and packed with “fun” of makeup…  
These are special short movies made for their 10th anniversary.


2013/10/29

Random Notes: Oct 28, 2013

Meet my baby birds, Goma (sesame) and Fuyu (winter). When I got them from the shop, they were so tiny that I hesitate to take photos. But 2weeks later, they have fluffy feathers and can fly.

Fuyu (left), Goma (right) still with baby feathers

2013/10/24

わが家に文鳥がやって来ました

本日1024日は「手にしあわせ(1024)」で文鳥の日だそうです。

そんなわけで、、今日はわが家の文鳥を紹介したいと思います・・・。

先代の文鳥がいなくなってからの数年間、寂しさを抱えつつTwitterBuncho.inで人様の家の文鳥を眺めさせていただいていたわけですが、そろそろかしら、、と心の準備ができたところで今月、突然のご縁に恵まれました。


これはうちに来て数日後のようす

桜文鳥のごまちゃんと白文鳥のふゆちゃんです。

2013/10/18

Interview with Demoscener – Smash (Fairlight)



“Programmers and translators are doing similar things; they are both translating one language into another.” Once, I was told so by Japanese engineer. And I guess that was the start of getting interested in programmers/coders; what they do and who they are. (I thought we have nothing common except we both use keybord a lot :) Translators translate one human language and culture (and more) into another, and Programmers translate human language and notion (and more) into what machine can understand - code?? But then what happens if they want to translate imagery on his/her head into the one on screen?? (that’s what demo is about, right?)

This time, I interviewed Smash from Fairlight, who’s been in demoscene for long time and who’s often referred to as “one of the best coders in demoscene”. He's making quite eclectic demos; pop to sentimental with gorgeous visuals, but did you know he started his demoscene year as musician? In this interview, I asked him about this transition, how he works, some secrets around popular demos, and yes, I pitched some questions about programming/coding… And he answered them all.

It’s long but it’s definitely worth reading… 
Savor every words… :)  (I did! :)


Update: You can read this in Russian now! Big thanks to gravisus!

デモシーナー、Smashさん(Fairlight)にインタビュー


「プログラマーと翻訳者は似てますよね。両者とも1つの言語を別の言語に翻訳してるわけだから、、」 数年前に、とあるエンジニアの方に言われた言葉です。プログラマー/コーダーという職業やその内容について興味を持つようになったのは、これがきっかけだった気がします。(キーボードを使うということぐらいしか、共通点はないと思っていた…笑) 翻訳者は1つの人間の言語や文化(など)を別の言語に翻訳して、プログラマーは人間の言語や概念(など)を、機械が理解できる言葉、“コード”に翻訳する、、?? だけど、デモの作品のように、頭の中にあるイメージを画面に出したい時はどうするの…?深まる謎…。

さて、今回は、デモシーンで長く活動を続けていて、デモシーン内の「ベストコーダーの1人」としても知られる、FairlightSmashさんにインタビューをお願いしました。ポップなデモからセンチメンタルなものまで、様々なタイプのデモを生み出しているSmashさんですが、実はミュージシャンとしてデモシーンに入ったことをご存知ですか?インタビューでは、そんなミュージシャンからコーダーに転向した経緯や、Smashさんの作業方法、“人気のデモ”を作るための秘密、そして、、これはチャーンス!とばかりに、プログラミング/コーディングの質問もぶつけてみました。(プログラミング知識ゼロがベストコーダーに聞く!というのがテーマの質問です…苦笑)

少々長いですが(1万字インタビューならぬ、16000字!どどーん!)、一読も二読も読む価値アリ。
秋の夜長に、じっくりとお楽しみください!

2013/10/11

New "Interview with demoscener" is coming soon...


The next person will be…



TAG index


Currently translating… hopefully coming soon… 
(probably next week...)

2013/08/22

Quack Quack

Summer greetings from tropical island! …I mean from Japan. The temperature goes up to nearly 40c everyday, and the hygrometer in my room says 80%. ugh... I’m so tuckered out and my hair is unmanageable, but on the bright side, we may soon be able to grow banana tree in the garden… or whatever… (I’m not summer person, that’s all… c’mon autumn…)


Ok, as I just open my blog post from weather topic like an authentic Japanese laydee, let’s get to the point…

2013/08/18

夏とアヒルちゃん

暑い、、暑いですね、、、。
40℃で湿気むんむん”という非常にトロピカルな天気が続いておりますが、皆さまお元気でしょうか。もともと夏に弱い私は、ややヘバリつつ秋の到来を心待ちにしているところであります。もう少しの辛抱だと思って、お互いがんばりましょう・・・。

さて、暑すぎて外出するのが面倒なので自然とおうちで遊ぶ時間が増えているわけですが、ちょっと「涼」がほしいなーと思った時、最近はこればかり見ています・・。

2013/08/11

Interview with Demoscener – Zavie (Ctrl-Alt-Test)


Who would've thought this “interview with demoscener” would have 4th guest?! (I certainly didn't, and this fact makes me super happy!) Japan, Hungary, Finland… as you can see from the guest list, demoscene is fairly international culture…

For this time, I interviewed Zavie from Ctrl-Alt-Test, who knows both European and Japanese demoscene. (He is one of the organizers of Tokyo Demo Fest.) In this interview, he reveals his “highly effective” new demomaking technique, not-so-usual working space and what drives demoscene. (He also shares some of his beautiful photo!)

Enjoy! :)

デモシーナー、Zavieさん(Ctrl-Alt-Test)にインタビュー


「デモシーナーにインタビュー」、4回目(!)となる今回はアルファベットの作品名がユニークなCtrl-Alt-Testのコーダーを務める、Zavieさんにインタビューをお願いしました。フランス出身のZavieさんですが、現在は日本に在住されていて、日本のデモパーティー「Tokyo Demo Fest」のオーガナイザーの1人でもあります。

そんな日本とヨーロッパのデモシーンに詳しいZavieさんに、最近新しく導入したという「効率的なデモの制作方法」や、日本のデモシーンについての考え、東京のおすすめ散歩スポットなどをうかがいました。(驚きの作業現場の公開もアリ!)

どうぞお楽しみください!

2013/07/30

Random Notes



- “Tweets” is translated as “mumbling” in Japanese. Not sure because of that but I find JP tweets are more introversive. Especially after 22h.

- Or simply because of the users I’m subscribing. That’s quite likely.

2013/07/21

haunt me: R is for Rei (and Ray)



Niji-zou by Rei Harakami

------------

I try to think he’s now on a long break.


His album “Red Curb” and “lust” have never been left from my top playlist.



2013/07/15

Picnic under the stars

As I mentioned in my last post about “Sora Girl (Space Girl)”, it was so fun to visit space-related facilities in Gunma and to talk to various experts and space enthusiasts. I couldn’t feature everyone’s comments due to limitations of space (of article :), but it was inspiring to know that each of them has their own ideas and way to enjoy night sky…


“Space Souvenir” I got.
Space food (Chocolate cake) and Space Curry that astronauts actually eat.

2013/07/11

星空ピクニック

前回の投稿で「宙ガール」の記事についてご紹介しましたが、県内のいろんな施設や専門家の方、そして天文ファンの方に話を伺うことができて、とても楽しかったです。(毎回そうなんだけどね!) 取材にご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました!
  
取材先で買ってきた「宇宙みやげ」
宇宙飛行士も実際に食べているというスペースカレーとチョコレートケーキの宇宙食

2013/07/07

Star Festival (July 7)




Happy Star Festival (Tanabata)!
May your wishes come true!


Space Girl

For weekly Asahi Gunma published in last week (June 28), I went around Gunma-ken and checked around “Sora Girls” activity.

Weekly Asahi Gunma (June 28)
So happy that this feature made the cover…

“Sora Girl” – literal translation would be “Space Girl”, is a word emerged from last year or so and it signifies “a girl who is interested in stars and space”. (note: “sora” usually means “sky” in Japanese, but here it means “space”) But the definition is quite loose; she doesn’t need to have solid knowledge or proper telescope. If she’s interested in or likes to watch night sky, she’s “Sora Girl” :)

2013/07/06

Do - A donut, a perfect donut


The optimist sees the donut, the pessimist sees the hole.”
Oscar Wilde                     



The hole makes the donut. Donut without the hole has different names.

Accept this incompleteness as a complete form.


2013/07/01

宙ガールと星空散歩

先週金曜日(6/28)に発行となった朝日ぐんまは、「宙ガール」特集!
昨年から増加している、星や宇宙に興味をもつ女性たち、通称「宙(そら)ガール」の活動と県内の星空・宇宙関連の施設、イベントを取材してきました。

6/28に発行されました!
 「宙ガール」という言葉は、望遠鏡メーカーが作った言葉っていう話もあるんですが、その定義は結構ゆるめ。天文の詳しい知識がなくても、夜空を見るのが好きなら、もうあなたも「宙ガール」。(笑) ここ数年、一般のニュースでも話題になるような大きな天文ショーが多かったため、宙ガールだけでなく、天文ファンそのものが増えているようです。

2013/06/20

Dear Diary: Photo journal



EU Film Days
EU Film Days 2013 has started in Tokyo from this June. It’s an annual event featuring movies made in EU countries. To be honest, I know nothing about this event until I was informed but luckily this year I had an occasion to see one of their selections. (I wish I could see most of them, it looks so interesting and introspectively dramatic – well, to me that’s very European movie) What I saw was a movie from Hungary “The Maiden Danced to Death”. I like the part where people eating icecream in a cable car :D

現在東京で開催されている「EU Film Days 2013」に行ってきました。今回、親切な方にお声をかけていただいたご縁で初めて知ったイベントなのですが、ヨーロッパでもかなり珍しい国の映画(エストニアとか、スロヴァキアとか)がセレクトされていました。(人間ドラマとか、葛藤とか、そういうところにスポットをあてた“ヨーロッパっぽーい”映画ばかりで、できれば全部見たいくらい) 私が見たのは、ハンガリーの「死と乙女という名のダンス」です。タイトルだけ聞いてホラーなのかとビクビクしてたわけですが、そういうものではなかったです。長い年月を経て再会した2人がロープウェーでアイスを食べてるシーンが良かったですねー(そこかよ!って話もあるけども。)

2013/05/30

Interview with Demoscener – Preacher (Brainstorm、Traction)



I like the fact that lately “Demo” is often described as “Digital Art” rather than “Demonstration of computer programming technique (aka show-off)” like it used to be. I’m sure the true beauty lies in code itself, but there are tons of demos that people can appreciate without having any computer knowledge. (I can say this because I’m one of these people.)

We can appreciate drawings without knowing which brand of watercolors were used, and we can appreciate music without understanding what software was used to edit; that’s because it’s art, I believe. It leaps everything and just goes straight to your heart. So are some demos.
(Well, but those behind-the-scenes stories are always too fun to miss… and that’s why I’m doing this interview.. :)

And when we say “demo is digital art”, I think Preacher's demo is one of the perfect examples to prove this phrase. His often abstract and minimal works seem like a contemporary art we would see in installation gallery..

So this time, I interviewed Preacher (Traction, Brainstorm) who’s been in demoscene since mid-90s and often referred to as “coder-poet”. I asked him how he discovered demoscene, where he gets his inspiration, his goals, his workroom (there’s photo!)… and we did a little game too :)

Enjoy!

デモシーナー、Preacher (Brainstorm、Traction)にインタビュー


かつてデモと言えば、“コンピュータープログラミング技術のデモンストレーション”とか“技術の見せびらかし”と説明されてきたようですが、最近ではその代わりに“デジタルアート”という表現が使われているようです。 おぉ、ズバリだわ!と思い、個人的にはこの表現をいたく気に入っております。 もちろん、デモの本質は変わっていないでしょうからプログラム自体にも美しさがあるのだと思いますが、そういった詳しい知識がなくても、映像作品として楽しめるものが続々と出てきているように思います。私自身もプログラミングやグラフィックの知識はない人間なので、デモをデジタルアートとして鑑賞しているひとりでもあります。

絵の具のブランドを知らなくても絵は楽しめますし、何年製のギターを使っているとか分からなくても音楽は楽しめます。そういう、いろんなものを飛び越えて心にストレートに響いてくるのがアートの良いところなんじゃないかなと思いますが、デモの作品にも、まさにそういうものがあります。理屈じゃないのよアートは(ハッハーン♪)
(まぁ、そうは言っても、やはり制作の裏話みたいなものを知るのは非常に楽しいのでインタビューをやってるわけですが・・・。笑)

今回は、そんなデジタルアートと呼ぶにふさわしいデモ作品を多く手がけているPreacherさん(TractionBrainstorm)にお話をうかがいました。Preacherさんの抽象的でミニマルな作品は、まるで美術館にあるインスタレーションのようでもあります。「コードの詩人」とも呼ばれるPreacherさんに、デモシーンとの出会い、インスピレーションの源、作品を通して追求したいテーマについて聞いてみました。(お部屋も見せてもらったよ!)

どうぞお楽しみください。

2013/05/21

To the forest


For Weekly Asahi Gunma (May10 edition), we featured “Best spot for Bird watching in Gunma”. (May 10-16 were “Bird Week” in Japan, that’s why!)

Since Gunma is endowed with nature :D, beautiful places to walk around and watch/listen to the birds are everywhere!

Here are some photos from where I visited…

From Kannonyama, Takasaki-city

There’s beautiful forest right next to this statue of the Goddess. 
Literally it’s a bird sanctuary..



“Bird House” Though it’s not for birds.
It's also the entrance of Forest for Wild bird.

ぐんまの森へ青い鳥を探しに


5/10発行の「朝日ぐんま」では、愛鳥週間(4/1016)に合わせて、「ぐんまの野鳥スポット」を取材してきました。

日本野鳥の会の群馬・吾妻(*群馬県には支部が2つあります)のご協力をいただき、
野鳥ファンだけでなく、お散歩・ハイキングも楽しめる場所を紹介しております。

大自然がそのまま残る群馬県は(笑)、知る人ぞ知る「野鳥の宝庫」。珍しい鳥も見られる場所が多いとあって、全国各地から野鳥ファンが訪れています。(実は群馬県の形も「つる」なんですよ。地図を見ると、、つるが飛んでるように見えるでしょう…?見えるのよ、、心の目で見るのだ・・・。)

2013/05/16

How they teach English in Japanese Elementary school


Back in March, I visited an elementary school in Isesaki-city, Gunma to see its English class.

My article was published on April 12 issue of AsahiGunma.

From 2011, English became a compulsory class for 5th and 6th grader in all public elementary schools in Japan. More precisely, once-a-week lesson called “Foreign Language Activities”: it’s not a usual subject like math or science and it doesn’t require tests or proficiency check.

2013/05/06

ジャパニーズ・イングリッシュ

この前の投稿でご紹介した「小学校英語」について、私が個人的に感じたことを書いてみたいなと思います。(あくまでもこれは私個人の感想で、記事掲載社の意見ではありませんので念のため・・。)

小学校から英語の授業がスタートする、という話だけはニュースで聞いて知っていたのですが、特に興味を持ったきっかけは、よく行く電気屋のお兄さんの「今の子は3歳からでもスマホでゲームするし、小学校で英語を勉強するからペラペラなんですよ」という言葉。

えっ、そうなの?インターナショナルスクールとかじゃなくて、公立の小学校でも英語がペラペラに!?・・・それは羨ましい、、、同じ群馬の田舎町で英語好きで育った人間としては、ヨダレを拭いても拭いても拭ききれない、、、と思いました。(単純でごめんなさい。)

2013/04/27

小学校の「英語科」授業を見てきました

先日、本年度から市内すべての小学校の全学年で「英語科」の授業をスタートさせた、群馬県は伊勢崎市の小学校にお邪魔してきました。

4/12発行号の朝日ぐんまに掲載されました

 ご存知のように、英語の授業はすでに全国の小学校で必修化されています。
それと今回のケースは何が違うのか?という部分は、少しややこしいので最初に簡単な説明を…。

2013/04/23

haunt me: [Butterfly Effect] This may change your life




“Butterfly Effect” 
by Andromeda Software Development
(watch it on full screen!)


-----------------------
This is a computer program-driven art called “demo”. If you want to generate this on your computer, check hereTo know more about what “demo” is, maybe you can start from here.

これは、「デモ」と呼ばれるコンピュータプログラムで生成された作品です。自分のコンピュータで、ファイルから生成してみたい場合は、こちらから。「デモ」について少し詳しく知りたい方は、こちらへ。

2013/04/21

Little Ballerina

For April edition of AG (tabloid format of Asahi Gunma), I met and did interview with Miss Airi Igarashi, who participated this year’s Prix de Lausanne (International ballet competition held annually in Switzerland).

“AG” April edition
She’s on cover!! Thanks for the great photo, Ito-san!

Prix de Lausanne is the dream stage for aspiring dancers around the world. It’s often described as “gateway to successful dancers” since quite a lot of current ‘star dancers’ went through this competition. Not just dancing and competing on the stage, participants get coaching from great dancers. It’s a wonderful occasion but as you can imagine, it’s not so easy to be qualified…

2013/04/15

小さなバレリーナ


先週の金曜日(4/5)に発行された朝日ぐんまタブロイド版「AG」では、2月末にスイスで行われた「41回ローザンヌ国際バレエコンクール」に参加した群馬のバレリーナ、五十嵐愛梨さん(山本禮子バレエ団付属研究所所属)にインタビューしました!(Update: AGのウェブサイトで記事が公開されています)


AG 4月号・表紙!どどーん!
素晴らしい写真を撮ってくださった伊藤さんに多謝!

ローザンヌ国際バレエコンクールといえば、「若手ダンサーの登竜門」として有名であり、プロを目指す世界中のバレリーナの憧れの舞台でもあります。コンクールといえばステージ上で踊って評価されるのが一般的ですが、ローザンヌでは数日間にわたるレッスンの様子も採点対象となります。

2013/04/01

Spring has come! Time for something new!


Spring has come and April is here.

April is known as “starting time” in Japan, since school and company start from April. Seeing the cherry blossom blooms and the first year students wearing brand new yellow hats (somehow quite a lot of elementary schools provide it to them), even though we are no longer students this season makes us want to start something new.

Asahi Gunma (3/22)
It made the cover! 



2013/03/30

ようこそグンマーへ! (春のお稽古ごと)


先週(3/22号)発行となりました「朝日ぐんま」は、お稽古ごと特集。春ですし、新年度ですし、何か新しいことを始めたくなる時期ですし、、ってことで、いま群馬で気になるお教室におじゃましてきました。
   
紙面でご紹介したのは、料理教室、こども将棋教室、
スマホ活用講座、大学の公開講座です。どれも本当にオススメです!


2013/03/24

Dear Diary: phone photo journal



Biscuit Day
For some far-fetched reasons, February 28 is Biscuit Day in Japan. Speaking of biscuit, have you heard about ‘CookieMonster’ stole golden biscuit sign from Bahlsen? (and he asked to give away cookies to children in hospital.) I know it’s a crime and not supporting theft, but this is too good to be true. It's a fairytale. (and witty letters and photo) I first thought if this is a new type of marketing method… Whatever that is, I fall for it.

2013/03/18

haunt me: Lyrical Numbers




…this is my current alarm sound 
(though I never make it till ‘begin’…)
If you want to generate this on your computer, visit here.

2013/03/14

Mathematically Correct Breakfast (Still trying...)

Today, 3.14 is International Pi Day & Math Day!

Not sure what exactly we should do on this day, but I’ll tell you about my recent mathematical challenge…

I’m cheating, by holding the broken part. 
I always separate them with a final cut.. hmm..

数学的に正しくありたい朝食(未だ不成功)


3.14ということで、今日はパイ(π)の日・数学の日。

ここ数週間ほど、「数学的に正しい朝食」というのにチャレンジしています ↓

破れたところを指で押さえてズルしています・・・。
いつも最後でブチっと切れてしまう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...