2013/05/30

Interview with Demoscener – Preacher (Brainstorm、Traction)



I like the fact that lately “Demo” is often described as “Digital Art” rather than “Demonstration of computer programming technique (aka show-off)” like it used to be. I’m sure the true beauty lies in code itself, but there are tons of demos that people can appreciate without having any computer knowledge. (I can say this because I’m one of these people.)

We can appreciate drawings without knowing which brand of watercolors were used, and we can appreciate music without understanding what software was used to edit; that’s because it’s art, I believe. It leaps everything and just goes straight to your heart. So are some demos.
(Well, but those behind-the-scenes stories are always too fun to miss… and that’s why I’m doing this interview.. :)

And when we say “demo is digital art”, I think Preacher's demo is one of the perfect examples to prove this phrase. His often abstract and minimal works seem like a contemporary art we would see in installation gallery..

So this time, I interviewed Preacher (Traction, Brainstorm) who’s been in demoscene since mid-90s and often referred to as “coder-poet”. I asked him how he discovered demoscene, where he gets his inspiration, his goals, his workroom (there’s photo!)… and we did a little game too :)

Enjoy!

デモシーナー、Preacher (Brainstorm、Traction)にインタビュー


かつてデモと言えば、“コンピュータープログラミング技術のデモンストレーション”とか“技術の見せびらかし”と説明されてきたようですが、最近ではその代わりに“デジタルアート”という表現が使われているようです。 おぉ、ズバリだわ!と思い、個人的にはこの表現をいたく気に入っております。 もちろん、デモの本質は変わっていないでしょうからプログラム自体にも美しさがあるのだと思いますが、そういった詳しい知識がなくても、映像作品として楽しめるものが続々と出てきているように思います。私自身もプログラミングやグラフィックの知識はない人間なので、デモをデジタルアートとして鑑賞しているひとりでもあります。

絵の具のブランドを知らなくても絵は楽しめますし、何年製のギターを使っているとか分からなくても音楽は楽しめます。そういう、いろんなものを飛び越えて心にストレートに響いてくるのがアートの良いところなんじゃないかなと思いますが、デモの作品にも、まさにそういうものがあります。理屈じゃないのよアートは(ハッハーン♪)
(まぁ、そうは言っても、やはり制作の裏話みたいなものを知るのは非常に楽しいのでインタビューをやってるわけですが・・・。笑)

今回は、そんなデジタルアートと呼ぶにふさわしいデモ作品を多く手がけているPreacherさん(TractionBrainstorm)にお話をうかがいました。Preacherさんの抽象的でミニマルな作品は、まるで美術館にあるインスタレーションのようでもあります。「コードの詩人」とも呼ばれるPreacherさんに、デモシーンとの出会い、インスピレーションの源、作品を通して追求したいテーマについて聞いてみました。(お部屋も見せてもらったよ!)

どうぞお楽しみください。

2013/05/21

To the forest


For Weekly Asahi Gunma (May10 edition), we featured “Best spot for Bird watching in Gunma”. (May 10-16 were “Bird Week” in Japan, that’s why!)

Since Gunma is endowed with nature :D, beautiful places to walk around and watch/listen to the birds are everywhere!

Here are some photos from where I visited…

From Kannonyama, Takasaki-city

There’s beautiful forest right next to this statue of the Goddess. 
Literally it’s a bird sanctuary..



“Bird House” Though it’s not for birds.
It's also the entrance of Forest for Wild bird.

ぐんまの森へ青い鳥を探しに


5/10発行の「朝日ぐんま」では、愛鳥週間(4/1016)に合わせて、「ぐんまの野鳥スポット」を取材してきました。

日本野鳥の会の群馬・吾妻(*群馬県には支部が2つあります)のご協力をいただき、
野鳥ファンだけでなく、お散歩・ハイキングも楽しめる場所を紹介しております。

大自然がそのまま残る群馬県は(笑)、知る人ぞ知る「野鳥の宝庫」。珍しい鳥も見られる場所が多いとあって、全国各地から野鳥ファンが訪れています。(実は群馬県の形も「つる」なんですよ。地図を見ると、、つるが飛んでるように見えるでしょう…?見えるのよ、、心の目で見るのだ・・・。)

2013/05/16

How they teach English in Japanese Elementary school


Back in March, I visited an elementary school in Isesaki-city, Gunma to see its English class.

My article was published on April 12 issue of AsahiGunma.

From 2011, English became a compulsory class for 5th and 6th grader in all public elementary schools in Japan. More precisely, once-a-week lesson called “Foreign Language Activities”: it’s not a usual subject like math or science and it doesn’t require tests or proficiency check.

2013/05/06

ジャパニーズ・イングリッシュ

この前の投稿でご紹介した「小学校英語」について、私が個人的に感じたことを書いてみたいなと思います。(あくまでもこれは私個人の感想で、記事掲載社の意見ではありませんので念のため・・。)

小学校から英語の授業がスタートする、という話だけはニュースで聞いて知っていたのですが、特に興味を持ったきっかけは、よく行く電気屋のお兄さんの「今の子は3歳からでもスマホでゲームするし、小学校で英語を勉強するからペラペラなんですよ」という言葉。

えっ、そうなの?インターナショナルスクールとかじゃなくて、公立の小学校でも英語がペラペラに!?・・・それは羨ましい、、、同じ群馬の田舎町で英語好きで育った人間としては、ヨダレを拭いても拭いても拭ききれない、、、と思いました。(単純でごめんなさい。)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...