2013/06/20

Dear Diary: Photo journal



EU Film Days
EU Film Days 2013 has started in Tokyo from this June. It’s an annual event featuring movies made in EU countries. To be honest, I know nothing about this event until I was informed but luckily this year I had an occasion to see one of their selections. (I wish I could see most of them, it looks so interesting and introspectively dramatic – well, to me that’s very European movie) What I saw was a movie from Hungary “The Maiden Danced to Death”. I like the part where people eating icecream in a cable car :D

現在東京で開催されている「EU Film Days 2013」に行ってきました。今回、親切な方にお声をかけていただいたご縁で初めて知ったイベントなのですが、ヨーロッパでもかなり珍しい国の映画(エストニアとか、スロヴァキアとか)がセレクトされていました。(人間ドラマとか、葛藤とか、そういうところにスポットをあてた“ヨーロッパっぽーい”映画ばかりで、できれば全部見たいくらい) 私が見たのは、ハンガリーの「死と乙女という名のダンス」です。タイトルだけ聞いてホラーなのかとビクビクしてたわけですが、そういうものではなかったです。長い年月を経て再会した2人がロープウェーでアイスを食べてるシーンが良かったですねー(そこかよ!って話もあるけども。)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...