2014/02/25

Interview with Japanese demoscener - kioku (System K)

→日本語でよむ

According to the Japanese Wikipedia, even when Europe was in “golden age” of demoscene (where Future Crew was taking the European computer world by storm), demoscene culture didn’t exist in Japan.

About 20 years after that, we often hear the phrase “demoscene is dead” making reference to the decrease in numbers and participants of demoparty. But funnily enough, as if it goes against the stream, a brand new and very first demoparty was just born in Japan :D (so, "demoscene is born" here...)

This time, I interviewed kioku who’s active demoscener and main organizer of this demoparty (Tokyo Demo Fest). In this interview, kioku explained how he discovered demoscene, how Tokyo Demo Fest (TDF) was started and reveals some secrets of demo making and practical use of Ballmer Peak :D

Enjoy!

日本のデモシーナー、kiokuさん(System K)にインタビュー


Wikipedia日本語版によると、海の向こうでFuture Crewがブイブイ言わせていた90年代の“デモシーン最盛期” と呼ばれる時期でも、日本にはデモシーンの文化が生まれなかったといいます。
デモシーンの本場ヨーロッパでは、当時数千人規模のデモパーティーが盛んに行われていたようですが*、最盛期から約20年経った現在では、その数や参加人数が減り続け、「デモシーンは終わった」という言葉が聞かれるようになったそうです。

ところがどっこい。そんな流れに逆行するかのごとく、日本では2011年から新たにデモパーティーが始まっています(笑)。今回は、この日本唯一のデモパーティー「TokyoDemo Fest」のメインオーガナイザーであり、海外のデモパーティーにも積極的に参加している日本のデモシーナー、kiokuさんにお話を伺いました。

インタビューでは、デモシーンとの出会いやTokyo Demo Fest開催にいたるまでの経緯、デモ作りに関するトップシークレット、バルマーピークの実践法(笑)も紹介しています。(また、CG業界を目指す学生さんたちに向けた実践的なアドバイスもありますよ!)

どうぞお楽しみください!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...