2017/06/06

Interview with Japanese demoscener - 0x4015



Welcome to the Interview with Demosceners. This time, we welcome 0x4015 who won 4K compo at Revision this spring. This created a buzz among Japanese people in the community, because this was the first time that Japanese demoscener had won at Revision, the largest demoscene party held on this planet.

I might have mentioned before but demoscene didn’t flourish in Japan even in mid-90s, the time defined as golden era of demoscene. There are many reasons for it (I’m not the right person to explain about this, ask someone else) but basically Japanese computing platforms were different from the ones which drove demoscene forward (such as Commodre64 and Amiga). And just like at the train station, we wouldn’t barely know what’s going on at the different platforms, mostly we just care what’s coming to our platform.

Having said that, Japan is known as the land of Fujiyama, Geisha, Sushi, Nintendo, and Technology. Sir James Dyson said, “it’s a place where people appreciate design and technology*” It's a lovely thing to hear and I also agree but therefore I’ve always wondered: Demoscene is a place where tech meets art.. then why wasn’t there demoscene or equivalent of demoscene in Japan in 90s? 

In this interview, 0x4015 answered to this question. He introduces us what was happening in Japanese computer fans community in 90s. And of course he reveals how he made his 4K demos, too (check his machine!). You’ll also learn how to read his name and where it comes from. Enjoy! :)

日本のデモシーナー、0x4015さんにインタビュー





「デモシーナーにインタビュー」へようこそ。今回は、この春にドイツで開催されたデモパーティー「Revision」の4Kカテゴリーで見事優勝された、日本人デモシーナーの0x4015さんをゲストにお迎えしました。

最初に少しだけご説明させていただくと、Revisionとはデモシーン最大のコンテストで、毎年イースターの時期にドイツで開催されています。規模の大きなデモパーティーにありがちなゲームの要素(eSportsなど)は一切なく、しっかりとカテゴリー分けされたコンポ(コンテスト)、ライブコーディングバトル、セミナー、ライブ/DJなどなど、どこを切ってもデモシーンというデモシーン純度(ほぼ)100%のイベントです。

世界最大のデモパーティーということもあり、エントリーされる作品はどれも本当にハイレベル。そして、出す方も本気なら見る方も本気なので、ここの観客相手に“一発ネタ”のような作品は通じないというのが私の持っている印象です。「笑いが取れても、勢いがあっても、技術が高くないとダメなのよ」的なストイックさを個人的には感じています。さすがはドイツ。

そしてもう1つ、0x4015さんが優勝した「4Kカテゴリー」ですが、これは作品のサイズが4KB以内というルールのカテゴリーです。柔道とかで言うところの40キロ級のように、このカテゴリーにエントリーするには、作品を4KB以内に収めなければなりません。Revisionでも競争率の高いカテゴリーの1つです。

さて、Revision4Kで優勝することの凄さを少しご理解いただけたでしょうか、、。「あれで4KBなのか!?」という作品自体への驚きももちろんですが、日本人で初めてRevisionで優勝したということもあり、日本だけでなく海外からも「快挙だ!」と賞賛の声があがっているようです。あっぱれですね。

さて、えらいこと前置きが長くなりましたが、0x4015さんのインタビューでは、4KB作品の臨場感あふれる制作プロセスに加え、デモとの出会い、そして、海外でデモシーンが黄金期を迎えていたときの日本の状況などを語っていただきました。(これがとても興味深い!) それから、気になるこのお名前の読み方と由来も公開されています!笑

では、最後までどうぞお楽しみください!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...