2018/11/16

“Who is Demoscener?” - What I’ve learned from interviewing them




For the past 5-6 years, I’ve had occasion to peek into the little-known computer subculture called “demoscene”. I’ve seen their work, I’ve been to their events, and I’ve talked to some people who drive this culture. In this post, I’m going to share my view and what I’ve learned in this culture.

I won’t explain what the demoscene is here, so please refer to this page for that details.


How I discovered demoscene

I should first clarify that I am not a computer enthusiast: I do use computers a lot for my work and for fun, but my job and interests have been about juggling natural language and not computer language. I’ll be ecstatic when I see beautiful combination of words, but I’ve been trying to stay away from lines of numbers because they look complicated. I can’t code, I can’t make music and I can’t draw anything properly – Basically I’m a complete outsider to this culture.

「デモシーナーとは誰なのか?」 ~デモシーナーへのインタビューから学んだこと~




このブログでもメインなのか?と思うほど頻繁に登場する話題ですが、ここ56年ほど、「デモシーン」という知られざるコンピューターのサブカルチャーに触れる機会に恵まれ、作品を見たり、国内外のイベントに参加したり、カルチャーの立役者的な方々にお話を伺ったりする機会に恵まれました。今回はその体験を振り返り、私のデモシーンに対する考えや、このカルチャーで学んだことについてお話ししてみたいと思います。

この記事ではカルチャー自体の説明は省きたいと思いますので、「デモシーンって何?」という方は、こちらのページをご覧ください。


デモシーンとの出会い

まず最初にお断りしておきたいのですが、私はコンピューター関係の人間でも、特にコンピューターに詳しい人間でもありません。仕事や趣味にコンピューターを使うことは多いのですが、CとかC++とかDとかいう名称のプログラミング言語とはまるで縁がなく、人間の読み書き話す言葉、つまり自然言語を使って仕事をしています。美しい言葉の表現に出会うと1日中でもうっとりとしていられますが、数列が出てきたら即退散!という人生を送ってきて今に至ります。プログラミングもできなければ、作曲もしないし、まともな絵も描けません。つまり、私はこのカルチャーにおいて完全に「アウェイ」な存在です。

2018/11/10

EKN #20: It's because


A grocery store was playing this song, and the place was suddenly wrapped in this mood and I got really sentimental in the spices/dressings section.


I'm Not In Love - 10cc

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...