Featured Post

"Interviews / Reports" Tab

ページ上部のメニューバー(モバイルでご覧の場合はメニューボタン)に、インタビューとレポート記事をまとめた「 Interviews/Reports 」のボタンを追加しました!まったく飾る気力のないレイアウト具合に自分でも驚きますが、ショートカットに、お時間あるときに、ぜひご覧くだ...

2021/08/25

[nokonoko journal] The progress 5

 

Dreaming Murakami 


It's not about a froggy but a translator who translates Japanese into Danish.

It was interesting to see the process of translating vertical texts into horizontal texts, because what I usually do is the other way around.

Of course how they work depends on each translator or a type of text, but I thought it was a good reference to get to know this profession and its world. (You don't need to be a harukist to understand.)


Merci Christine for letting me know!


2021/08/13

[nokonoko journal] The progress 4


65 movies, and my initial end date came. But now that my area is in pre-state of emergency again, I keep going anyway. Frankly this challenge has been more fun than I thought it would be...!


Pavel Karmanov - Past Perfect


2021/07/30

Whisper #446-470

 

#446

At a hotel. A breakfast room. Big windows. Sunny sky.

 

#447

Bright white tablecloth. A little flower vase on each table. A small sunflower.

 

#448

The sound of cutlery and crinkling newspapers. A room full of solo travelers.

 

#449

Ordinary breakfast buffet. Toast, salad, eggs, fruits... I like these make your own sandwich corners.

 

#450

Hard bread, Emmenthal... and a bit of butter. So many choices, yet I tend to choose the same thing all the time.

 

#451

A coffee, with milk and sugar please.

 

#452

A big group of people came in to the room. Big voice, big accents.

 

#453

They all went to the buffet, and one of them tripped on a tablecloth.

 

#454

Bread, fruits, cheese, salad... everything on the table and this person's plate were flying high in the air.

 

#455

And some of them landed on the table where a man was sitting on, located in front of mine. 

 

#456

I somehow remember this scene in slow motion. Just like movie.

 

#457

The person who tripped started to yell with the big accent. It was because of this tablecloth was too long, this is not normal, it's not my fault, it's humiliating, what kind of hotel service is this, etc.

 

#458

Two hotel staffs came. Are you alright? Yes, tablecloth. Don't worry we'll clean this right away. And within 5 minutes the buffet table got back to normal condition.

 

#459

The man in front of me cleaned up his table silently, luckily the damage was minimum to my eyes. He got a new plate and asked a new cup of coffee, then got back to reading papers.

 

#460

The group with the person who tripped finished eating, and left the room. The room became quiet again.

 

#461

And one by one, other people left the room to start their day too.

 

#462

I asked the man in front of me. How could you be so collected?

 

#463

He said "It all happened too suddenly and I couldn't even form words."

 

...

 

#467

To this day, I still think about this.

 

#468

Haven't we focused too much on these loud voices just because it's loud?

 

#469

Haven't we disregarded these tiny voices that often didn't came out as a proper sentence?

 

#470

Haven't we.

 

2021/07/26

Whisper #436-445



#436

 


#437

An airport. Early morning. The smell of coffee. The sound of brewing.

 

#438

1.5 hour before the departure.

 

#439

Most stores are still closed. Dimmed window displays. Quiet boxes of perfume and cigarettes. Lingering smell of duty free shops.

 

#440

Coffee. Extremely hot airport coffee. Can't taste anything other than hot. Perfect.

 

#441

Staffs slowly coming in. Fresh makeups. Sleepyheads. They're still dragging their faces outside of work. I like it.

 

#442

The fact that they are here for work, soothes me.

 

#443

The fact that they will keep serving extremely hot coffee after I leave, gives me stability.

 

#444

Excitement. Nervous faces. Relief. A big bottle of water. Light sound of tapping laptop keybord.

 

#445

Gate check. Phone.

 


2021/07/23

[nokonoko journal] The progress



The progress of my 100 movie challenge: 58.5/100. (0.5 is because I couldn't finish it last night.) I think it's not so bad considering my pace... though it seems unlikely to accomplish.

With this challenge, I allow myself to watch the movie I've already watched before (but just count as one movie, the list should contain 100 different movies), and also allow myself to quit in the middle if I can't put up with for some reason (but this doesn't count as one).

So far I dropped 2 movies. I tried to watch them for 15 to 20 minutes, but one was unbearable in every aspect and the other was too hyped-up and couldn't keep up. 

And I've marked 22 movies with a heart (I think it's pretty high hit rate), and one with WTF.



2021/06/06

[nokonoko journal] pre-emergency status



June. Rain. Rain. Rain. 
And we're still in the state of emergency (for the third time).

Some of our prefectures are in the state of emergency to be exact, and my area is in pre-emergency status, which is less strict but there are some restrictions.

When these pre-emergency measures were announced to my area in mid-May, I started my personal challenge, which is to watch 100 movies before I get the second vaccination. Last year I gave myself a horrible haircut to avoid outings (so successful) and this year is this. Currently people over 75yrs-old are vaccinated here, and I'm sure it will take a whiiile to get to my age group (my guess is within this year if I'm lucky) so I have time. (June 18, Update: Maybe not. It's really speeding up and I got a ticket today.)

I'm going to watch great ones, good ones, and straight-up bad ones, and if I reach 100 before my second jab, I win. Well, in either way I win. I'll let you know how it goes.

 

2021/04/29

[nokonoko journal] April 29, 2021


Royal Opera House is asking on Twitter: "What is the most memorable piece of dance you've seen?"

I have several favorites, but if I pick one for "memorable" category, it may be this. I saw the one interpreted by Les Grands Ballets in Montreal. I couldn't really comprehend what it was, but was quite shocked and still remember this from time to time.


"Echad Mi Yodea" by Ohad Naharin performed by Batsheva



Happy #InternationalDanceDay!


2021/04/09

Cherry Blossom 2021

 



Temperature goes up and down this spring. 

One day it went up like 25c, so hot that icecream box in the store was almost empty. And the next day, we pulled up coats and heaters.. So the cherry blossom season came earlier than usual, and it ends quicker than usual. Glad I could catch them before it's over..

I'm hearing that more and more people are vaccinated these days. I've read somewhere that when a new invader comes into our body, our immune system holds a long-term strategy meeting while we're sleeping. So it's better and more effective if we sleep well for a week after (and before) the vaccination.

Rest well, and please give enough time and energy for these meeting...



寒暖差の激しい春です。ちらほらと「ワクチン摂取を受けた」という話も聞こえてきました。私がどこぞで読んだ情報によれば、ワクチンは摂取の前後1週間によく眠ることが効果アップの秘訣だとか。(なんでも、私たちの体は眠ってる間に対策本部会議を開くらしい…)とにかく、これを言い訳にして寝るのよ…!

まだまだ不安とガマンの日々が続きますが、ちょっとゆっくり、いきましょう。


2021/03/30

Interview with Demoscener - Flopine (Cookie Collective)

→日本語でよむ


Welcome to the Interview with Demosceners! This time, we welcome Flopine, a shader coder who actively shares her crafts via various methods and a winner of Revision 2020’s Shader Showdown!

For those of you who don’t know what the Shader Showdown is, this is a knockout tournament of shader programming. Contestants go up on stage where there are DJs and MCs, and perform their live shader coding within the given time in front of big audience. Ever since it was first held at WeCan 2013 (a demoparty held in Poland), more and more of demoparties are adding this compo to their schedule. And by the way, Revision is the largest demoparty held on this planet.

Then what is this “Shader” we are talking about? I guess I’ll leave this explanation to Flopine! In this interview, she explains how it actually feels like to program on the loud stage, how she discovered demoscene and shader coding, and why “live” is important to her… and more! Get some inspiration and winning tips! Enjoy!


Note: If you don't know what demoscene is, you may want to start from here!


--------------------------------------------------------------------

First of all, could you please introduce yourself?


photo by Gloria Marillier

I’m Flopine, a shader artist and coder from the Cookie Collective crew. I’m also a PhD student in digital art, writing a thesis about making art with code and the community of the demoscene.


And I know you are also a winner of Revision 2020’s Shader Showdown. Congratulations on finishing in first place! How were the battles? Was it a hard game?

Revision’s Shader Showdowns are always a hard game, people involved are very good at live coding, so the battles are interesting and the pairing is made with care by havoc (the organizer of almost all the showdowns happening at demoparties).


Are you happy with what you generated on the screen?

As often, I’m happy with what I produced during the quarter-finals and semi-finales, but my performance during the final doesn’t make me the proudest. It’s always like that for me, and I was very surprised by the result! It was really close between me and wwrighter, in terms of voting points.


Ok, before going any further, I think I need to ask this basic question. What is this “Shader” you are talking about?

A shader is a program that will be executed on your GPU and which describes how to render an image on screen. You have different types of shader that correspond to steps in the rendering process. Usually during Shader Showdowns we write Fragment Shaders (or Pixel Shaders) which correspond to the last process of the stack, happening after the rasterization of 3d points. You basically have pixel’s position as an input and you have to give a color for each pixel as an output.


And this program has enough appeal to have independent compo? Shader showdown/live coding is a fairly new category I believe…

I’ve never thought about reasons for live coding to be an independent compo… that’s a good question! It is like making your 4k demo on stage with a live DJ set, which sounds like an awesome idea! (and it is) In my opinion making an impressive effect with 5 lines of code in a shader is doable, it has a lot of "show potential" and I guess it’s what demosceners spotted when they organised the first Showdown. Also, it is a very demanding practice. It requires memory, technical abilities, being able to perform under pressure and mostly creativity on the fly! So the fact that the community recognised those skills by putting up a compo for live coding is appreciable. 

Revision 2020 Shader Showdown


Oh yes, I have some questions about that coding environment! Revision 2020 took place as an online event due to the global pandemic, but in previous years I’ve seen you coding on the stage with your opponents, DJs, commentators and big audience. I always thought it's an extreme situation to program something but what does it feel like actually? Do you get nervous?

Those are definitely extreme situations to program! But at revision the stage is really big so you’re a bit apart from the audience, which makes it less stressful. You can hide behind your screen if you feel like doing so.


Can you focus in that loud environment? Do you sometimes want to tell DJs or commentators or audience to shut up when things get frustrated? If I was in that position, I’d probably do..

Personally I love being on stage, vibing to the music and with the public. I like to hear what the commentators have to say and the audience cheering, it’s a very exciting and happy mood. Of course I always have some apprehension before going up on stage but when the match starts, when I climb the stairs to the stage I feel like the hardest part is done, now I just have to enjoy the feeling of being myself on stage and people liking what they see, rather it’s my art or my personality. I’m totally in it. But during the online events of 2020, I felt more stressed than usual because I just sat down at my desk and started coding… which felt less exciting and closer to an everyday experience, while still being in competition with someone else.


INKTtober – Mirror (from Shadertoy)


So you can gain energy from all these live elements, that’s wonderful!  Do you plan what to create before going on the stage?

I’m always planning ideas before every big match I have to battle. Then I know how to start, what kind of functions I’ll need. But it’s also very important to me to plan things that can be modified in a lot of ways, like a basic environment with which can be improvised upon during the battle, to create an element of surprise both for me and the audience.


I think you just gave great advice to aspiring shader live coders out there!

Your name has been on the Revision’s prize list since 2018, but when and how did you find out about demoscene?

I found out about the demoscene when my boyfriend at that time brought me to Revision 2016. I didn’t know about that culture at all before that!


And.. what did you think of it?

I was instantly hooked and wanted to fit in, I shipped my first demo ever there. It was a PC demo made on site with the X-Men group, we finished last but I didn’t care, we produced something silly in less than 2 days, I was proud and had fun!


Wow, you made a quick move! And what made you run in its shader showdown?

I saw the shader showdown as soon as I entered the main hall of Revision 2016, I was amazed and said to my partner that, one day, it will be me on stage. And I did, two years later! After that demoparty I spent a weekend at a friend’s place for him to teach me all the basics of raymarching (a technique widely used during shader showdowns to create 3D within the fragment shader, which is supposed to be just in 2D). Then I continued to experiment with this medium by myself because I was passionate about the practice.


Photos from Flopine's Twitter


Impressive story…! You mentioned that you’re majoring in digital arts in school. Have you been always interested in computers and computer graphics? Share us your story as a computer graphics enthusiast please..

I was raised among a mainly male family, and was very close to my two older brothers. One of them is passionate about computers and programming. When he was younger, he usually stayed up really late at night to code C or Basic, disassemble our PC tower to add RAM or other new components. The other one loves art, he paints beautiful watercolours, acts for theaters and has a lot of knowledge when it comes to the history of art and the several artistic movements. Both of them had a passion that was so communicative, it hooked me!

And I remember one time, I think I was fourteen or fifteen, me and my « computer addict » brother were talking about what we like to do in general and I fondly said that I love to draw and I like computers. He replied instantly « Well, just become a graphic designer! » and since then I’m following that path.

I think I did it pretty well! I’m really proud to be able to call myself a digital artist today and I often think about those times when I just innocently talked with them about life, about the future and about what I wanted to become.


And now you stand on the exact intersection of computers and arts…! Amazing assists, Flopine’s brothers! :) Addition to shader showdown, you livestream your shader coding session on Twitch regularly. Why did you start this?

I started streaming shadercoding in January 2019. At first it was a way for me to keep motivation in producing at least one shader per week because 2019 was a year when I had to focus on my thesis and artistic practice was a huge part of it. Also I was inspired by Luna (yx in the demoscene) who was the first person showing her shadercoding skills on Twitch! But then, with time, the fun part of streaming became gathering with the community and talking about coding, style of coding, with them. I learned a lot from people who came to my stream! And I hope they also learn a bit with them. 


Screenshot from Flopine’s Twitch session: 

HBHS (Have a Beer, Have a Shader) #42 - Plaisir Coupable


Since this is a live coding session, you show your whole coding process. Is it ok for you? Some coders do not want to reveal them.. I heard..

I’m trying to show all the processes behind a shader during my stream and I can’t imagine my practice without that. Sure it can be hard to demonstrate your techniques, the way you think about the code and the image, you expose yourself to criticism that can be harsh, especially for someone like me who does not fully trust herself! But something is more important than all of that and it’s sharing knowledge and passion. I wouldn’t know what I know today, I wouldn’t be here if there weren’t people like Inigo Quilez, the Cookie Collective crew and many others who share their knowledge and make it accessible to others. Open source in a community like realtime digital art is one of the best things to do if you want to see it grow and attract as many people as you can!


Shader showdown is live compo, and this is also a live session. “Live” is a keyword for you?

“Live” was definitely a keyword to me at the beginning of my thesis, as I wanted to talk about performance in digital art with code. But it became less and less important with time because I wanted to improve my aesthetic, which can be done only when you take the time to explore new techniques and play with them on your own. At least that is what works with me! Nonetheless I still enjoy streaming thanks to the community and it’s also less preparation than an uploaded video on YouTube for example, for which you need to do some editing, watching yourself talking on loop… Being good for livecoding is a day by day job rather than a huge stack of work needed in a short amount of time. You just have to make the leap of faith and commit to it :)


Could you show us your shader atelier? What program do you use?

I often drink café au lait with soy milk. For the cards, I learned a bit about card tricks a few years ago. I don't actually know how to do magic with it, but manipulating the cards relaxes me!


I’m using several programs to code shaders :

-      Shadertoy (online website)

-      Bonzomatic (offline open source executable you can find on github, mainly developed by Gargaj)

-      Kodelife mostly when I need some controllers for a live event

-      ShaderEditor when I’m on the train on my tablet (an Android application)

I find this amount of possibilities quite interesting and exciting :)


Do you do anything particular while coding, like coding in the darkness, drinking beers…?

Usually when I code, I listen to a lot of music! It inspires me and gives me motivation. Drinking beers is not the usual thing, it is for when I’m showing off on my stream or on stage haha! 


Haha, so it helps to lift up your mood :) Then what about “my rules”. Regardless of what project you’re working on, do you set your own rule or goal? Is there anything you really care about when you code?

I think I set my own rules but unconsciously. There is a theory about rules in art and code from the artist Saskia Freeke that I love. She talks about how coding your image is setting your own rules to then play with them or even break them. For me it’s very close to what I address as constraints you give to yourself. For example this past few weeks I committed myself to code golfing, which is writing a shader within the least amount of characters. My own goal with that is to make the shader’s code fit in a tweet! 

But from a wider perspective, I think what’s important to me as a coder is to have my own syntax, my own style of writing code, like an author has his own way of rigging his native language for example.


Oh I’ve seen some tweets with code before, that was some sort of code golfing.. Interesting… OK, then where do you get your inspiration for your work?

I’m getting it from many sources actually. It can come from a natural pattern I saw on a plant in the street, on some tiles from the ceiling of a restaurant etc. Also from social media like Twitter and Instagram, I love following artists from different mediums, with different aesthetics and not only digital artists. Pieces from painters, photographers, sculptors can be really inspiring.


Most of us are still needed to spend longer hours at home due to the pandemic, but was it hard for you to get inspiration or maintain motivation during the hard lockdown?

It was hard at the beginning but with time I found some balance, both in my personal life and for my productivity and creativity. But lockdown definitely drove me apart from the live experience, be it for livecoding battle or VJing. Don’t get me wrong, I appreciate the efforts to switch those events to online setups, I think it is a chance for many people to get involved in the demoscene without the need of being in Europe for example. And it keeps the scene alive! But personally it frustrates me and the more I attend online demoparties, the more I get frustrated… I have more pleasure coding on my own, taking time to experiment and explore new aesthetic, new techniques. Allowing myself to do mistakes from time to time is important. I tend to become a bit of a control freak when I’m “on stage”.


Well, I can’t wait to pull off a mask and see these live coding stage in real life..! Before I forget, let me shoot this classic and important question. Your favorite demo, memorable demo, demo that changed your life… it can be shaders too, of course. Tell us your demo/shader which is special to you.

My favourite demo is “1995” by Kewlers and mfx (video), I can’t get the music out of my head and I like the effects and scenes in that demo.

A memorable one is “What Are You Syncing About?” from Ninjadev (video)! This demo is a true masterclass regarding synchronisation of visuals with music. And I enjoy the aesthetic a lot.

And definitely the “shader” that changed my life is the first Shader Showdown I witnessed at Revision 2016! That is the main event in my personal development haha!


I believe you are relatively young generation of demosceners because you didn’t grow up with Amiga or C64. Nowadays there are so many other ways and options to show your work and communicate, but why did you choose demoscene?

I chose demoscene because I felt really close to demosceners quite quickly. Their passion towards machines radiates on me and I recognized myself in that. Also, I thought I would learn a lot from the community, from those people who are the most passionate artists and technicians I ever met. 


I was born in 80s, and in early 90s in the countryside of Japan, I couldn’t join a computer club at my school because I was a girl. Not fair, but it was understandable at the time and place. Computers were considered to be a boy thing. So tell me Flopine, the situation got better..?

I think the situation is way better today than it was in the 80’s. Though there is still room for improvements!


Improvements like…?

I’ve met only one or two men who weren’t nice and wanted the demoscene to stay a “boys club”, but I’ve heard testimonies from others women who encountered many more of those, unfortunately… 


Were there any mean boys who try to drag you down from the stage or chuck you out from this global computer club?

What I’ll share here is based on my personal experience, so not the general case, but overall everyone always showed me support and kindness, even when I kicked boys arses :p Especially the French demosceners with which we gathered to form the Cookie Collective. I wouldn’t be the “Flopine” a lot of demosceners know of without them! 


[TWITCH] Sous l'ocean (from Shadertoy)


That’s really nice and honestly relieved to hear…! I think what you’re doing is very inspirational, and I hope you keep showing us your kickass works and setting an example!

To you, What is the appeal of this culture?

I find two distinct appeals within the demoscene:

- working at a lower level of code, to understand it. It gives me more power and more control over my art but also in my day job.

- coding on old hardware, which is all about nostalgia. When I wrote my first assembly lines for GameBoy, it felt like I was reconnecting with an object from my childhood, but with my adult eyes. Demoscene changed my perspective of my own skills and capacities to transform every machine into a sandbox!

But in the end I wouldn’t say I choose demoscene to express myself, my medium is shadercoding. Demoscene is the community where the practice is mostly known and it is where I found out about it. I will always be thankful to my fellow demosceners for that :) 


- Is there anything you want to do or see in the future? Any dreams or goals you want to achieve in the scene?

In the future I would love to see more persons of colour in the community and definitely more women going on stage, in live coding battles for example! We need to be more inclusive and make the environment feel safe if we want to grow.

Personally I don’t think I have a goal regarding the scene… Because I achieved it in 2020, I won the Revision’s Shader Showdown! So now I’m more focused on my thesis. My goal for 2021 is to write it and finally get my PhD. Though after my thesis I would love to code more demos, maybe in 2022 ! Let’s see :) 


Cool! And finally, your message for demosceners and demo fans out there please.

For demosceners: Keep living your passion and keep the scene alive! Talk about it to your relatives, bring more people into it. We will keep on doing better, we will work towards more inclusivity, safe spaces and growing, together as a community to keep the demoscene culture alive and to make it evolve.

For demo fans: if you didn’t try to code a demo yet but would want to, now is the best time! You can find a lot of useful tutorials, open source tools to crunch those extra bytes into your 4k intro, an impressive amount of shader code on Shadertoy or even GLSL Sandbox. Some demoparties also have animated or wild compo where you can ship precalculated animation and a lot of other things that do not require coding skills. Bring your sensibility to this culture, the more we will have, the more we will grow and have diversity :)

And stay hydrated folks! 


--------------------------------------------------------------------

Thank you very much for answering my questions, Flopine!

Flopine’s work can be checked on her Shadertoy page and Twitch channel. She usually announces her upcoming livecoding schedule on her Twitter, so be sure to follow her account, too!

Revision’s Shader Showdowns are all archived in their YouTube channel. If you want to see how the actual stage is like, check the video of 2019 and earlier. And by the way, this year’s Revision will be held on April 2-5 (Very soon!). It will be an online event, so go register and join them from your room or tub!

Also, in this compact session in French, Flopine explains about demoscene and shader in a very concise manner.


Thank you very much for reading this till end! :)

--------------------------------------------------------------------

- In case you’re wondering what “demo” or “demoscene” is, better check out the well-made documentary called Moleman2.  (and the director, M. Szilárd Matusik's interview can be read in here.)

  #1: q from nonoil/gorakubu is here.

  #2: Gargaj from Conspiracy, Ümlaüt Design is here.

  #3: Preacher from Brainstorm, Traction is here.

  #4: Zavie from Ctrl-Alt-Test is here.

  #5: Smash from Fairlight is here.

  #6: Gloom from Excess, Dead Roman is here.

  #7: kioku from System K is here.

  #8: kb from Farbrausch is here.

  #9: iq from RGBA is here.

#10: Navis from Andromeda Software Development is here.

#11: Pixtur from Still, LKCC is here.

#12: Cryptic from Approximate is here.

#13: 0x4015 aka Yosshin is here.


- For some of my posts related to “demo and “demoscene” culture is here.


デモシーナー、Flopineさん(Cookie Collective)にインタビュー

->English version


「デモシーナーにインタビュー」へようこそ。今回は、さまざまな方法を活用してシェーダーの作品を積極的に発表している、コーダーのFlopine(フロピン)さんをゲストにお迎えしました。彼女はRevision 2020Shader Showdownの優勝者でもあります。

ご存じない方のために簡単に説明しますと、「Shader Showdown(シェーダー・ショーダウン)」とは、勝ち抜き方式で行われるシェーダーのプログラミングトーナメントのこと。出場者はDJMCが待つステージに上がり、観客の前で指定時間内にライブでコーディングを行います。2013年にポーランドのデモパーティー、WeCanで初開催されて以来、世界各地のデモパーティーで続々と導入されている部門です。ちなみに、Revision(リビジョン)とは、ドイツで毎年開催される世界最大のデモパーティーのことです。

では、さっきから頻出の「シェーダー」とは何なのか?この説明は、、Flopineさんにお任せしたいと思います! インタビューでは、かなり賑やかなステージでコードを書く時の感覚について、デモシーンとシェーダーコーディングとの出会い、なぜ「ライブであること」が重要なのかなどを語っていただきました。

勝利のヒントもつまった、インスピレーションを与えてくれる彼女の言葉をどうぞお楽しみください!


注:デモシーンって何?と思った方は、まずはこちらのページからどうぞ。そしてデモのドキュメンタリーをチェック。


--------------------------------------------------------------------

まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?


photo by Gloria Marillier

こんにちは、Flopineです。シェーダーアーティストでCookie Collectiveチームのコーダーです。それからデジタルアートの博士課程の学生でもあり、コードを使ったアート制作とデモシーンのコミュニティに関する論文を書いています。


それから、Flopineさんは2020年のRevisionShader Showdown(シェーダートーナメントのこと)の優勝者でもありますよね。遅ればせながら、おめでとうございます。振り返ってみて、どんな感想をお持ちですか?やはり敵は手強かったですか?

Revisionのシェーダートーナメントはいつも本当に難しいんです。参加者はみんなライブコーディングの上級者なので、バトルは毎回おもしろい展開になりますね。出場者の組み合わせは、デモパーティーで開催されるほぼすべてのトーナメントを仕切っているhavocさんが慎重に考えてくれてるんですよ。


対戦中に完成した作品の仕上がりに満足していますか?

いつも準々決勝と準決勝で作った作品には満足してるんですが、決勝戦での自分のパフォーマンスに満足したことはないですね。いつもそんな感じだったので、1位という結果にはとても驚きました。投票ポイント数で見ると、2位のwwrighterと大接戦だったんです。


話を先に進める前に、ちょっと基本的な質問をしてもいいですか さっきから「シェーダー」という言葉が頻繁に登場していますが、これは一体何なのでしょう

シェーダーとはGPU上で実行されるプログラムで、スクリーンに表示される画像をレンダリングする方法を表すものです。レンダリングプロセスのステップごとに違った種類のシェーダーがあるんですが、シェーダートーナメントでは通常、フラグメントシェーダー(またはピクセルシェーダー)を書いています。フラグメントシェーダーはスタックの最後のプロセスに該当するもので、3D座標のラスタライズの後の処理になります。基本的には、ピクセルの位置を入力して、各ピクセルの色を出力します。


それで、、このプログラムには独立したコンポやトーナメント戦を開くだけの魅力があるのですか?「ショーダウン」とか「ライブコーディング」とか、さまざまな名称で呼ばれているようですが、何にせよデモシーンではかなり新しいカテゴリーだと思うのですが、、。

ライブコーディングが1つのコンポとして独立した理由については考えたことがなかったんですが、いい質問ですね!ステージの上でDJのミックスを聴きながらライブで4Kデモを作るような感じなので、最高のアイデアじゃないかと思うんですけど、、。それに、実際やってみると本当に最高なんです。私は5行のシェーダーのコードで感動的なエフェクトを生み出すことは可能だと考えていて、そこにはショーとして見せられる要素がかなり含まれていると思うんですよね。たぶん、トーナメントを初めて開催したデモシーナーはそういった点に目を付けたのだと思います。それに、こういうトーナメントって過酷なんです。記憶力も技術力も必要になりますし、プレッシャーの中でコードを書いたり、その場で独創性を発揮したりすることが求められます。ライブコーディングのコンポが始まったことで、こうしたスキルがコミュニティに評価されるようになったのは間違いないですね。


Revision 2020 Shader Showdown


そうそう、あの環境でのコーディングについて聞いてみたいと思ってたんです!2020年のRevisionはパンデミックの影響でオンラインイベントになりましたが、それ以前にFlopineさんがステージでコードを書いている姿を拝見してました。対戦相手がいて、DJがいて、対戦の様子を実況中継するMCのような人がいて、ステージの前にはすごい数の観客がいるわけですよね。プログラムを書くにはあまりにもハードな状況なんじゃないかと思うんですが、実際はどうなんでしょう。緊張しますか?

プログラムを書く環境としては間違いなく過酷です!でも、Revisionのステージは広いので、対戦相手と少し距離が離れているんです。それでちょっと気が楽になりますね。やろうと思えばスクリーンの後ろに隠れることもできるので。


でも、あれだけ騒々しい環境で集中できますか? ちょっと行き詰まってきた時とかにワイワイやられると、「君たち、ちょっと静かにしてもらえないか」と言いたくなるような気もするんですけど

私の場合は、ステージに上がって音楽や観客が生み出す雰囲気の中にいるのが楽しいと感じています。解説者のコメントを聞くのも、観客の声援を聞くのも好きですね。とてもワクワクするような、ハッピーな雰囲気に包まれているんです。もちろんステージに上がる前には不安もありますけど、階段を上がってしまえば、もう最大の難所はクリアしたようなもの。あとはステージにいる気分を味わって、私の作品や個性に興味を持ってくれた人の反応を楽しむだけです。その瞬間に完全に没頭した状態になります。ただ、2020年のオンラインイベントの時は例年よりもストレスを感じましたね。自分のデスクに座ってコードを書くのは刺激が少ないですし、誰かと対戦していても、日常生活に近い感覚が抜けなかったんです。


INKTtober – Mirror (from Shadertoy)


ライブの要素を自分のエネルギーに変えているんですね!素晴らしいです。ちなみに、ステージに上がる前にどんなものを作ろうかと考えておくのですか?

トーナメントのような対戦の前には毎回必ず前もってプランを練っておくようにしています。そうすれば、どんな風に始めたらいいのか、どんな関数が必要になるのか把握できますから。でも同時に、対戦中に即興で変えられる基本的な環境など、いろいろな方法でアレンジできるものを考えておいて、自分と見ている人のために驚きの要素を生み出すことも私にとってはすごく重要ですね。


これからライブコーディングをやってみたい人にとって、とても参考になりそうな考えですね!

Flopineさんは2018年以来Revisionで入賞していますが、デモシーンに出会ったのはいつ、どんなきっかけだったのでしょう?

デモシーンは2016年のRevisionに当時付き合っていた人が連れていってくれたことで知りました。それ以前は、このカルチャーのことをまったく知らなかったんです。


行ってみて、、どう思いました?

すぐに夢中になって、私もこのカルチャーに参加したいと思いました。だから、その場で生まれて初めてのデモを作ってエントリーしたんです。X-Menのグループと一緒に会場でPCデモを作りました。最下位でしたが結果はどうでもよくて、1日ちょっとの時間で何かふざけたものを作れたことが嬉しかったし、楽しかったです。


わっ、行動が早い! そこからトーナメントに出場しようと思ったきっかけは何だったのですか?

2016年のRevisionのメイン会場に入った瞬間目にしたのがShader Showdownだったんです。とにかくびっくりして、デモパーティーに連れていってくれた彼に、「いつか私もあのステージに上がるから」と言ったんです。実現したのは、それから2年後ですね!このパーティーの後、週末に友達の家に泊まり込みで行って、レイマーチング(シェーダートーナメント中によく使われる技術で、本来は2Dのみであるフラグメントシェーダー内に3Dを作成するもの)の基本をすべて教えてもらいました。興味もやる気もすごくあったので、その後は自分で試行錯誤しながら学び続けていった感じです。


Photos from Flopine's Twitter


すごい・・・。そして見事な有言実行。今は博士課程でデジタルアートを学んでいるとのことでしたが、Flopineさんは昔からコンピューターやコンピュターグラフィックスに興味があったのですか?現在にいたるまでの経緯を少しお話いただけますか?

私は男が多い家庭で育ち、2人の兄とすごく仲が良かったんです。1人はコンピューターとプログラミングが大好きで、昔はよく夜中までC言語やBASICでプログラミングをしたり、タワーPCを分解してRAMやら何やらを加えたりしていました。もう1人の兄はアートが好きで、きれいな水彩画を描いたり、演劇の舞台に立ったりしていて、美術史や芸術運動に詳しかったんです。2人とも自分の好きなことをよく楽しそうに話していたので、私も興味を持ちました。

それで、たしか私が1415歳の時だったと思いますが、PCマニアの兄と将来何がしたいか話している時に、私が何気なく「絵を描くのも大好きだし、コンピューターも好き」と言ったんです。そしたら兄がすかさず、「じゃあ、グラフィックデザイナーになればいいよ!」と言ったので、それ以来、そちらの道に進むことになりました。

でも、かなりうまくやってきたんじゃないかと思っています!今、自分を「デジタルアーティスト」と呼べることに大きな誇りを持っています。兄たちと人生や、将来や、何になりたいかを無邪気に話し合っていた頃をよく思い出すんです。


お兄ちゃん、ナイスアシスト!(笑) 現在は、まさにコンピューターとアートが交差する場所にいらっしゃいますもんね! Flopineさんはシェーダーのトーナメントに出場されるだけでなく、Twitchで定期的にシェーダーのコーディングセッションをライブ配信されていますよね。これを始めたきっかけは何だったのですか?

シェーダーコーディングのライブ配信を始めたのは2019年の1月からで、最初は1週間に少なくとも1つシェーダーを作るモチベーションをキープするためだったんです。2019年は論文に集中しなければならなかった年で、そのためには芸術面での実践を積むことが不可欠でした。それから、デモシーンではyxとして知られるLunaにインスパイアされたというのもあります。Twitchでシェーダーコーディングのスキルを公開したのは彼女が初めてでしたからね!ただ、配信を続けていくうちに、モチベーションをキープするというより、コミュニティの人たちと集まって、コーディングやコーディングのスタイルを話すことのほうが楽しくなってきたんです。ライブ配信を見に来てくれた人たちから、たくさんのことを学ばせてもらいました。それと同じように、見た人が私の配信から何か学んでくれていたらうれしいですね。 


FlopineさんのTwitchセッションより:

HBHS (Have a Beer, Have a Shader) #42 - Plaisir Coupable


コーディングの様子をライブ配信するということは、プロセスをすべて公開するということですよね? 見せてしまっていいんですか プログラマーの中にはコードを見せない人もいると聞いたことがありますが

ライブ配信中は、シェーダーのすべてのプロセスを公開するようにしています。私の場合、その方法以外は考えられないですね。もちろん、自分の技術だとか、コードやイメージに対する考え方を見せるのは難しいですし、厳しい批評を受ける可能性だってあります。そういった批評は、私みたいな自分にあまり自信のない人間にとっては特に辛いものですが、何より大切なのは、知識と情熱を共有することだと考えています。今の私の知識は、イニゴ・キレスさんやCookie Collectiveの仲間など、多くの人たちが知識を共有し、その知識に誰もがアクセスできるようにしてくれたおかげで身に付いたものです。彼らの存在がなければ、今の私はいません。リアルタイムのデジタルアートのようなコミュニティで、できるだけ多くの人を取り込んで成長させたいなら、オープンソースにするのが良いやり方だと思います。


シェーダートーナメントはライブで行われますし、このTwitchのセッションもライブ配信ですよね。「ライブであること」は、Flopineさんにとって重要なことですか?

論文を書き始めた頃はコードを使ったデジタルアートのパフォーマンスについて書きたかったので、「ライブ」がキーワードだったんです。でも、だんだん自分のスタイルに磨きをかけたいと思うようになってからは、そこまで重要ではなくなってきました。スタイルに磨きをかけるには、新しい技術を学んで、それを自分で実践していくしかありません。少なくとも、私の場合はそんな感じです。でも、ライブ配信はコミュニティのおかげで今でも楽しいです。あと、ライブ配信のほうが動画を撮ってYouTubeにアップするより楽なんですよね。そういう方法だと編集が必要になるし、自分が喋ってるところを何度も見ないといけなくなるので。ライブコーディングの腕を上げるには、短期間で大きなタスクを仕上げるよりも、日々の努力が必要になります。できるかどうかわからなくても、思い切って飛び込んで、そこで努力を続けるしかないんです(笑)


あなたのシェーダーが生まれるアトリエを見せていただけますか?どんなプログラムを使っていますか?

よく飲むのは豆乳を入れたカフェオレです。トランプは、数年前にカードを使った技を習ったんです。実際の手品のやり方は知らないんですが、カードをシャッフルしているとリラックスできます。


シェーダーのコーディングには複数のプログラムを使っています。

Shadertoy:オンラインウェブサイト

Bonzomatic:オフライン用のオープンソースの実行ファイル、Gargajが中心となって開発されたプログラムで、GitHubにあります

KodeLife:ライブイベント用のコントローラーが必要な時に

Shader Editor:電車の中でタブレットを使う時に(Android用アプリ)

これだけ選択肢がいろいろあると、可能性が広がる気がしますし、ワクワクします(笑)


プログラムを書く時に、必ず部屋を暗くするとか、ビールを飲むとか、いつも何か決まってしていることはありますか?

コードを書く時は、モチベーションが上がったり、インスピレーションをもらえたりするので、いつも音楽を聞いています。ビールは普段の時は飲まないんですが、ライブ配信やステージでスキルを披露する時には飲みますね。あははは(笑) 


なるほど、気持ちを上げるのに役立つわけですね(笑) では、「マイルール」みたいなものはありますか? どんなプロジェクトでも、これだけは必ずやる、やらないといったルールや目標、またはコーディング中に特に気をつけていることなどあれば教えてください。

無意識ですが、自分なりにルールは決めていると思います。私が大好きなアーティストのサスキア・フリーケさんの理論にアートとコードにおけるルールを説明したものがあるんですが、彼女はイメージをコーディングすることは、自分のルールを設定し、それに従って動く、またはそのルールを破ることだと語っています。私の場合、このルールは自分に課す制限事項に近いと思います。たとえば、ここ数週間はコードゴルフをやってみると決めています。コードゴルフはできるだけ少ない文字数でシェーダーを書くことなんですけど、個人的にはTwitterの文字数内に収まるシェーダーのコードを書くのが目標ですね。 

ただ、もう少し広い視野で見た場合、コーダーとして大切なのは、作家が母国語を自分流に操るように、自分の構文やコーディングのスタイルを持つことだと思っています。


そういえば、コードが書かれたツイートを見たことがあります。あれもコードゴルフの一種なんですね。ゴルフか、、面白いですね! では、作品を作る上でのヒントやアイデアなどはどんなものから得ていますか?

街で見かけた植物の自然のパターンだったり、レストランの天井のタイルだったり、いろいろなものがヒントになります。TwitterInstagramといったSNSもそうですね。デジタルアーティストだけでなく、違った分野やスタイルを持ったアーティストをフォローしていて、画家やカメラマン、彫刻家の作品からもインスピレーションをもらっていますね。


パンデミックの影響で昨年から家の中で過ごす時間が増えたと思いますが、こうした状況でモチベーションをキープするのは大変でしたか?フランスはかなり厳しいロックダウンがあったようですが…。

最初は大変でしたが、だんだんと生活の面でも生産性や創造性の面でもバランスが取れるようになった感じです。でも、ロックダウンのせいで、ライブコーディングの対戦やVJなどのライブ体験から切り離されてしまった感覚があるのは確かですね。もちろん、実際の会場で開催できなくなったものをオンラインイベントに切り替えてもらえるのはありがたいですし、その努力にもすごく感謝しています。それに、ヨーロッパまで行かなくてもデモシーンのイベントに参加できるなど、多くの人にとってはチャンスでもあるし、それがデモシーンの存続を後押ししているとは思うんです。でも、個人的には、オンラインのデモパーティーに参加するたびに不満がつのっていく感じがしていて、今はひとりでコードを書きながら、新しいスタイルやテクニックを試すことを楽しんでいます。時には失敗することを自分に許してあげるのも大切ですよね。私はステージやライブ配信などでコーディングの様子を他の人に見せる時には、「すべて完璧にコントロールしなきゃ」と思ってしまうほうなので。


本当に、早くマスクを外して、実際のライブコーディングのステージを見られる日が来てほしいです!さて、忘れる前に聞いておきたい定番の大切な質問があります。好きなデモ、心に残るデモ、影響を受けたデモ、または人生を変えたデモ。もちろんシェーダーでも構いません。Flopineさんにとって特別なデモやシェーダーを教えてください。

好きなデモはKewlersmfxの「1995ビデオ)です。あの音楽が頭から離れないのと、作品に登場するエフェクトとシーンが好きですね。

記憶に残るデモは、Ninjadevの「What Are You Syncing About?ビデオ)です。ビジュアルと音楽を同期させるという点で、まさにお手本のようなデモだと思います。この作品のスタイルも大好きなんです。

それから、私の人生を変えたシェーダーといえば、間違いなく2016年のRevisionで初めて目にしたShader Showdownです!私を成長させてくれた大事件と言っていいと思います!(笑)


デモシーンにはAmigaやコモドール64と幼少期や思春期を共にした人が多いですが、Flopineさんはそれより後の世代なので、デモシーンのなかでは比較的若い世代になるかと思います。80年代や90年代とは違い、今は作品を公開したり、同じ趣味を持った人たちとコミュニケーションを取るための方法はたくさんありますが、そのなかでもデモシーンを選んだ理由は何だったのでしょう?

私がデモシーンを選んだ理由は、このカルチャーに出会ってすぐに、デモシーナーにすごく親近感を抱いたからです。彼らのコンピューターに対する情熱は輝いて見えましたし、自分の中にも同じような情熱があると気付かせてくれました。それから、このコミュニティから多くのことを学べるとも思いました。ここには、私が今まで出会ったなかでいちばん情熱的なアーティストや技術者がいますから。 


私は80年代生まれなのですが、私の育った田舎町の中学校では、「女子だから」という理由でパソコン部に入部できなかったんです。何だそれ?とは思いましたが、当時はそれを仕方ないと思ってしまう環境というか、雰囲気が確かにありました。パソコンは男の子のものと考えられていたんですよね。あれからかなりの時が流れましたが、今はどうなのでしょう?

80年代と比べると、状況ははるかに良くなっていると思います。とは言っても、まだ改善すべき点はありますけどね。


例えば、どんなところですか?

それから、2016年からShader Showdownをチェックしていますが、いままでの出場者を全部合わせても、女性はたったの5人!これだけいろんな場所でライブコーディングが行われているのに、全部で5人っていうのはおかしい。もっともっと新しい女性の出場者が増えていいと思っています。 


あなたの足を引っ張ろうとしたり、この世界的なパソコン部から追い出そうとする男子って、結構いましたか、、?

私がここで語れるのは私が体験してきたことだけなので、一般論とは違うかもしれません。でも、全体的に、いつでも協力的で親切に接してもらっているという印象が私にはあります。それは、私のほうが男の子たちより良い成績を取った場合でも同じです(笑)。特にCookie Collectiveを結成するために集まったフランス人のデモシーナーたちはそんな感じですね。彼らのサポートがなければ、今デモシーンの皆さんが知っている「Flopine」は存在しなかったと思います! 


[TWITCH] Sous l'ocean (from Shadertoy)


すごく素敵ですね、、そして正直ほっとしました。あなたのやっていることは、他の人に大きな刺激やインスピレーションを与えていると思います。これからも、その素晴らしいスキルを思いっきり私たちに見せつけて、新しい例を作っていってください!

では、Flopineさんにとってデモシーンの魅力とは何でしょう?

私の場合、デモシーンには2つの独特な魅力があると考えています。

1つ目は、理解する目的で低水準言語でプログラミングをすること。このおかげで、自分の作品だけでなく、日々の仕事に対する力も上がりましたし、以前よりうまくコントロールできるようになりました。

2つ目は、昔のハードウェアを使ってプログラミングすることで得られる懐かしい感覚。ゲームボーイ用に初めてアセンブリ言語でプログラムを書いた時、大人になった自分の目を通して、子どもの頃に遊んでいたものと再びつながったような感覚を味わいました。デモシーンに出会ったおかげで、自分のスキルや能力は、あらゆるマシンを遊び場に変えられるものだという新たな視点を得ることができました!

ただ、デモシーンが自分を表現する手段とは言えないです。私にとっては、シェーダーコーディングが自己表現の方法だと思っています。デモシーンは、このシェーダーコーディングがよく使われているコミュニティで、私がシェーダーコーディングについて知るきっかけをくれた場所なんです。だから、これからもずっと、デモシーナーの仲間には感謝の気持ちを持ち続けると思いますね。 


将来やってみたいこと、目にしたい変化などはありますか?デモシーンで実現したい夢や目標があれば教えてください。

将来的には、コミュニティにもっと白人以外の人たちも増えたらいいと思いますし、ライブコーディングのバトルなどで、ステージに上がる女性が増えたらいいなと思います。このカルチャーを成長させていきたいなら、もっと多様な人々を受け入れる、安全と感じられる環境を作っていく必要があるんです。

個人的には、デモシーンで達成したい目標というのは特にないですね、、。2020年にRevisionShader Showdownで優勝して達成できたので、今は大学院の論文に集中しています。2021年の目標は、論文を仕上げて博士号を取ることなんです。書き上がったら、もっとデモを作りたいですけど、それは2022年とかですかね! 


楽しみにしていますね!では最後に、デモシーナー、デモファンの方にメッセージをお願いします!

デモシーナーの皆さんへ: これからも自分の情熱を燃やし続けて、シーンを存続させていきましょう!知り合いにも紹介して、もっと参加者を増やしていきましょう。デモシーンは、これからもっと良くなりますよ。コミュニティが団結し、あらゆる個性を尊重できる安全な場所を目指して成長していけば、このカルチャーの勢いをキープして、進化させることができると思っています。

デモファンの皆さんへ: 自分でもデモを作ってみたいと思いながらも、まだ作ってみたことがない人は、今が絶好のチャンスです!便利なツールはたくさんありますし、4Kデモに収めるためのオープンソースの圧縮ツールもあれば、ShadertoyGLSL Sandboxには驚くほどたくさんのシェーダーコードがあります。それに、デモパーティーによってはアニメーション部門やワイルド部門もあって、リアルタイムではなく事前に作成したアニメーションや、プログラミングのスキルを必要としない作品をエントリーすることもできます。このカルチャーで、あなたの感性を発揮してください。いろいろな感性が集まるほど、シーンが成長して多様性が増していきますから!

それから、水分補給はお忘れなく!


--------------------------------------------------------------------

Flopineさん、論文やらオンラインイベントやらで本当にお忙しいところありがとうございました!

Flopineさんの作品(とコード)は、彼女のShadertoyのページTwitchのチャンネルで見ることができます。いつも次に配信するライブコーディングセッションの予定をTwitterで告知しているので、ぜひアカウントをフォローしてチェックしてみてください。

Flopineさんが出場したRevisionShader Showdownは、過去の対戦がすべてYouTubeチャンネルにアーカイブされていますので、対戦がどんな雰囲気で行われているのか見たい方は、2019年以前のビデオ(リンク先は2019年の決勝の様子)をどうぞ。ちなみに、今年のRevision425日です。もうすぐ!今年もオンラインでの開催になりますので、密を避けた心地良い場所でストリーミングを楽しみましょう!

また、フランス語になりますが、こちらのコンパクト版のセッションでは、Flopineさんがデモシーンとシェーダーについて簡単に説明しています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

--------------------------------------------------------------------

そもそもデモってなに?パソコンの話?と思った方は、まずはこちらのMoleman2のドキュメンタリーをチェック。(この映画の監督、シラードさんのインタビューはこちらでどうぞ。)

  #1: 日本のデモシーナー、qさん(nonoilgorakubuのコーダー)にインタビューは、こちら

  #2: デモシーナー、Gargajさん(ConspiracyÜmlaüt Design)にインタビューは、こちら

  #3: デモシーナー、Preacherさん(BrainstormTraction)にインタビューは、こちら

  #4: デモシーナー、Zavieさん(Ctrl-Alt-Test)にインタビューは、こちら

  #5: デモシーナー、Smashさん(Fairlight)にインタビューは、こちら

  #6: デモシーナー、Gloomさん(ExcessDead Roman)にインタビューは、こちら

  #7: 日本のデモシーナー、kiokuさん(System K)にインタビューは、こちら

  #8: デモシーナー、kbさん(Farbrausch)にインタビューは、こちら

  #9: デモシーナー、iqさん(RGBA)にインタビューは、こちら

#10: デモシーナー、Navisさん(Andromeda Software Development)にインタビューは、こちら

#11: デモシーナー、Pixturさん(Still, LKCC)にインタビューは、こちら

#12: デモシーナー、Crypticさん(Approximate)にインタビューは、こちら

#13: 日本のデモシーナー、0x4015(よっしんさん)にインタビューは、こちら


- その他、「デモ」と「デモシーン」に関連する投稿はこちら


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...