2021/03/30

デモシーナー、Flopineさん(Cookie Collective)にインタビュー

->English version


「デモシーナーにインタビュー」へようこそ。今回は、さまざまな方法を活用してシェーダーの作品を積極的に発表している、コーダーのFlopine(フロピン)さんをゲストにお迎えしました。彼女はRevision 2020Shader Showdownの優勝者でもあります。

ご存じない方のために簡単に説明しますと、「Shader Showdown(シェーダー・ショーダウン)」とは、勝ち抜き方式で行われるシェーダーのプログラミングトーナメントのこと。出場者はDJMCが待つステージに上がり、観客の前で指定時間内にライブでコーディングを行います。2013年にポーランドのデモパーティー、WeCanで初開催されて以来、世界各地のデモパーティーで続々と導入されている部門です。ちなみに、Revision(リビジョン)とは、ドイツで毎年開催される世界最大のデモパーティーのことです。

では、さっきから頻出の「シェーダー」とは何なのか?この説明は、、Flopineさんにお任せしたいと思います! インタビューでは、かなり賑やかなステージでコードを書く時の感覚について、デモシーンとシェーダーコーディングとの出会い、なぜ「ライブであること」が重要なのかなどを語っていただきました。

勝利のヒントもつまった、インスピレーションを与えてくれる彼女の言葉をどうぞお楽しみください!

Interview with Demoscener - Flopine (Cookie Collective)

→日本語でよむ


Welcome to the Interview with Demosceners! This time, we welcome Flopine, a shader coder who actively shares her crafts via various methods and a winner of Revision 2020’s Shader Showdown!

For those of you who don’t know what the Shader Showdown is, this is a knockout tournament of shader programming. Contestants go up on stage where there are DJs and MCs, and perform their live shader coding within the given time in front of big audience. Ever since it was first held at WeCan 2013 (a demoparty held in Poland), more and more of demoparties are adding this compo to their schedule. And by the way, Revision is the largest demoparty held on this planet.

Then what is this “Shader” we are talking about? I guess I’ll leave this explanation to Flopine! In this interview, she explains how it actually feels like to program on the loud stage, how she discovered demoscene and shader coding, and why “live” is important to her… and more! Get some inspiration and winning tips! Enjoy!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...